POLA(ポーラ)の エイジングケアは、大人の肌に革新をもたらす『エイジングケアブランドB.A』、肌の老化の原因となる糖化に着目し、艶やかな透明感、そして豊潤なハリと弾力感を与える美肌を作るポーラの新時代、エイジングケアの化粧品です。
 

POLA(ポーラ)のエイジングケア

POLA(ポーラ)のエイジングケア

エイジングケアB.A

話題のコスメ、エイジングケア

エイジングケアの新時代
それは、老化の原因とも言われる「糖化」への着目。
そして願うは肌全域での「糖化」からの解放。
艶やかな透明感、そして豊潤なハリと弾力感が、
あなたの未来に真の美しさを宿します。

ポーラ最高峰のエイジングケアブランド「B.A」肌年齢を解き放つ実力を感じて下さい。

ポーラ最高峰のエイジングケアブランド「B.A」の誕生です


「肌がごわついて化粧のりが悪い」「肌がしぼんで、くすんで見える」
「年齢を重ねるたび衰える肌の変化」  そろそろ気になってはいませんか?
そんな悩み多き大人の肌に革新をもたらす、『エイジングケアブランドB.A』
キメの乱れ、ハリや弾力のなさ、黄ぐすみといった肌の老化の原因となる「糖化」に着目した新時代エイジングケア。
肌全域にエナジーが沸き起こり、まるで肌が新生していくような実感をぜひ。
貴女にも… それはかつて味わった事のない実感が訪れます。


▼▼ 詳細はコチラ ▼▼







POLA(ポーラ)の エイジングケア

糖化現象

糖化現象とは… パンやお餅を焼くと茶色く焦げて硬くなります。それはタンパク質と糖が結びつく「糖化」と呼ばれる現象で、この「糖化」が、ハリや弾力のなさや黄ぐすみといった肌の老化の原因なのです。
肌表面の角層における糖化は、年齢に関係なく進行しましす。いつまでも、しなやかな弾力と透明感あふれる肌を保ち続けるために、B.Aは積極的に果敢に、肌年齢に挑みます。  それがポーラの新時代エイジングケアなのです。


糖化が起こるのは人の体内だけではなく、食パンを焼くと茶色く焦げ固くなります。また、炊きたてのもっちりふっくらした真っ白いご飯も、炊飯器に保温したまま翌朝になると黄ばんで固くなります。これが糖化現象なのです。パンやお米の中のタンパク質と糖が結びつき、褐色をしている“AGEs”が発生し、このような変化が起きるのです。これに似たことが肌でも起きているということになります。



バイオアクティブ理論

「バイオアクティブ理論」が、B.Aの名前の由来となり、肌を見つめ、肌の環境を考えたこの理論は、「スーパーバイオアクティブ理論」を経て、「ダイナミック バイオアクティブ理論」、さらには「オールエリア バイオアクティブ理論」と進化を遂げて来ました。
年齢を重ねても美しい肌を目指すためには、外的なダメージから肌を守るだけでなく、肌の内側にある老化の原因へのアプローチも重要とし、総合的なエイジングケアにより、肌の持つ力を最大限に引き出すのです。


B.A ザ プレシャスシナジーセット 贅沢スキンケア限定セットです

B.Aは、クレンジングからクリームまで5品それぞれが次に使うアイテムの効果を最大限に引き出されるよう美の連鎖を叶える 「パーフェクトシナジー設計」。ベーシックなケアで肌のエナジーが湧き上がるように満ちあふれ、かつてなっかたドラマティックな実感へと導きます。




★ 詳しくはこちらから ⇒ 【POLA】美白、保湿からエイジングケアまで









POLA(ポーラ)の エイジングケア

肌の糖化Q&A

糖化とは何?
衰えに関わる物質を作り出す現象です。
体は様々な物質で構成されていますが、その中のひとつにタンパク質と糖があり、これは当然ながら体内の至るところに存在しています。
「糖化」とは、このタンパク質と糖が結びつき“最終糖化生成物=Advanced Glycation End Products=AGE(エー・ジー・イー)s”という物質ができてしまう現象です。この“AGEs”は一度出来てしまうと分解されず蓄積され続けることがわかっています。
糖化は肌だけの現象?
糖尿病や、その他の病気のリスクを発生させることも…。
例えば生活習慣病の糖尿病。
この病気になると血中にブドウ糖が増え、血糖が異常に増加しますが、血糖値が高いほど糖が多いので、当然ながら糖化反応が進みやすくなり、動脈硬化やアルツハイマーといった、様々な病気のリスクが高まることがわかっています。
医師の言葉を借りると、人間の体は糖化と闘いながら生きていると言えるのです。
糖化が肌で起きるとどうなる?
たるみ・キメの乱れ・黄ぐすみなど様々な肌トラブルにつながります。
肌のハリや弾力のもとであるコラーゲンはタンパク質ですし、角層を形成しているケラチン線維もタンパク質です。
これらと糖が結びつくことで、肌の中でも“AGEs”は生まれてしまうのです。肌の奥に“AGEs”ができると、コラーゲン同士を固めてしまい、ハリのなさやたるみの原因になります。
また、角層に”AGEs”ができると、肌がゴワつき、キメが乱れ化粧のりも悪くなります。
また“AGEs ”自体が褐色をしているため、肌が黄色くくすんだ印象になり、透明感が失われてしまうのです。
つまり“AGEs”の発生は、肌の様々な衰えを引き起こす最も手強い現象と言えるでしょう。


若い肌

若い肌でも、「糖化現象」は起こる!


糖化は加齢や様々な刺激により促進される現象だと言われていましたが、肌表面の角層における糖化は、年齢に関係なく進行することを新たに発見されました。
微弱な紫外線に当たっただけで、4時間後には"AGEs"が2倍にも増えてしまうというデータがあり、ターンオーバーでも追いつかないスピードで角層の糖化は進んでしまい、それが肌の黄ぐすみやゴワつきの原因になっているのです。
若いからと言って「関係ない」と言い切れないのが、糖化現象なのです。


艶やかな透明感、そして豊潤なハリと弾力感。
新時代のエイジングケアがあなたの未来に真の美しさを宿します。

▼▼ 詳細はコチラ ▼▼


  POLA(ポーラ)の エイジングケア
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://bihada.gsrsummit.com/ageing/tb.cgi/1


C O M M E N T


名前 :
URL :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー







A C - G F B
RSS

POLA(ポーラ)の エイジングケア 詳細はこちら